複式簿記

企業として躍進していくためには、現在の財務状況を正確に把握する必要があるのは言うまでもありません。
財務状態をしっかりと把握することができれば、経営の見直しも図ることができますし、資金調達のために動く時間も増やせるでしょう。
業種や業態、また規模の大小など、企業にも様々なものがありますが、健全な経営活動を続けていくうえで簿記は必要不可欠となる技能なのです。

簿記には大きく分けて腹式簿記と単式簿記があります。
腹式簿記とは、取引における二面性に焦点を当てた方法となり、資産や負債、資本、収益などの勘定科目を用いることで記録計算、整理していきます。
例えば、金融機関から融資を受けた際には、現金という資産が増加することになりますが、借入金という負債も同時に増加してしまうという二面性に着目した手法が複式簿記と呼ばれる方法です。

複式簿記は、業種や企業によって必要となる帳簿や伝票が異なってくるのも特徴です。
一般的には総勘定元帳や仕訳帳、出納帳や売掛帳といった帳簿がメインとなります。
この中でも、総勘定元帳と仕訳帳は主要簿とも呼ばれ、簿記においては非常に重要な帳簿と認識されています。
事業内容によっては主要簿だけでも事足りることがありますが、正確に財務状況を把握し経営に活かしていくためには出納帳や売掛帳といった補助簿も揃えておいた方が良いでしょう。
複式簿記は、まずこの総勘定元帳と仕訳帳の記載方法を知ることが第一歩とも言えます。