複式簿記

企業として躍進していくためには、現在の財務状況を正確に把握する必要があるのは言うまでもありません。
財務状態をしっかりと把握することができれば、経営の見直しも図ることができますし、資金調達のために動く時間も増やせるでしょう。
業種や業態、また規模の大小など、企業にも様々なものがありますが、健全な経営活動を続けていくうえで簿記は必要不可欠となる技能なのです。

簿記には大きく分けて腹式簿記と単式簿記があります。
腹式簿記とは、取引における二面性に焦点を当てた方法となり、資産や負債、資本、収益などの勘定科目を用いることで記録計算、整理していきます。
例えば、金融機関から融資を受けた際には、現金という資産が増加することになりますが、借入金という負債も同時に増加してしまうという二面性に着目した手法が複式簿記と呼ばれる方法です。

複式簿記は、業種や企業によって必要となる帳簿や伝票が異なってくるのも特徴です。
一般的には総勘定元帳や仕訳帳、出納帳や売掛帳といった帳簿がメインとなります。
この中でも、総勘定元帳と仕訳帳は主要簿とも呼ばれ、簿記においては非常に重要な帳簿と認識されています。
事業内容によっては主要簿だけでも事足りることがありますが、正確に財務状況を把握し経営に活かしていくためには出納帳や売掛帳といった補助簿も揃えておいた方が良いでしょう。
複式簿記は、まずこの総勘定元帳と仕訳帳の記載方法を知ることが第一歩とも言えます。

Read More

単式簿記

簿記とは企業体や団体でのみ必要となる技法、と考えている方も少なくありませんが、簿記の技術は一般家庭や個人でも充分役立てることができます。
また、簿記と聞くと少々難しいイメージがあり、とても自分ではできそうにない、と感じる方もおられるかもしれませんが、そうした方の中にも家計簿やお小遣い帳に記入している、或いはしていたという方は多いのではないでしょうか。

簿記には複式簿記と単式簿記という手法があり、企業で用いられるのは複式簿記となります。
一方、一般家庭や個人が用いるのは多くのケースで単式簿記となります。
単式簿記は、簡単に説明すれば収入と支出にのみ焦点を当てた記録方法となります。
一般家庭や個人で用いられることが多く、家計簿やお小遣い帳への記録がこれに該当します。
大雑把に現在所有する資産を把握することは可能となりますが、細かい分析などはできず、そのため企業の経理などでこの方法が用いられることはまずありません。
企業の経理、財務で用いられるのは複式簿記となり、この手法を用いることによって資金の収支はもちろん、企業全体の財産や損益の状態を正確に把握することが可能となり、経営に役立てることができるのです。

単式簿記は簡易簿記とも呼ばれることがあります。
その名の通り、単式簿記は簡易的な簿記技能であり、財務状況を正確に把握するには向いていない方法となります。
ただし、直感的に財務状況を把握することができますから、個人や一般家庭には充分利用できる方法でもあります。

Read More

簿記の歴史

企業や一般家庭の財務状況を管理、分析する上で必要となる簿記ですが、その歴史は明治時代にまで遡ります。
もちろん、我が国では古来より収支の計算を行う習慣はありましたし、遥か昔よりそうした財務管理は行われてきました。
しかし、現在簿記と呼ばれているものは海外から渡ってきた洋式簿記であり、それが伝わったのが明治時代だと言われています。

一万円札の肖像画で有名な福沢諭吉ですが、彼が明治時代に出版した簿記書が「帳合の法」で、同じ年の末には大蔵省が「銀行簿記精法」などの西洋式簿記書を刊行し、洋式簿記が我が国に導入されていきました。
銀行簿記精法は当時の業界にも大きな衝撃を与えたと言われており、銀行簿記におけるバイブル的存在として多くの銀行で導入されました。
国立銀行はもとより、普通銀行でも次々と簿記技法が導入され広く普及したのです。

簿記自体の歴史は古く、古代ローマ時代で既に用いられていたと言われています。
ローマ時代の古代彫刻の中には商業帳簿が彫られているのが発見されており、その起源が証明されています。
もちろん、その頃の簿記は現在のような複式簿記ではなく、家計簿やお小遣い帳で用いられるような単式簿記がメインです。
複式簿記はルネッサンス時代にルカ・パチョーリという人物が考案したことが起源と言われ、その後様々な国に普及していったのです。
このように、簿記というのは近代普及したものでなく、遥か以前より存在した技法であることが理解できます。

Read More