資格取得に向けて

経理事務員や財務担当者を募集している企業の多くは、簿記資格取得者を対象としていることが多く、有資格者でなければ応募もできないというケースは珍しくありません。
そのため、経理事務のような財務に関わる仕事に就くためには簿記検定に合格し資格を取得する必要がありますが、簿記検定にも様々な種類がありますから、まずはどの検定を受けるかを考える必要があります。

簿記検定試験には、日本商工会議所主催の日商簿記検定試験や、全国経理教育協会主催の全経簿記能力検定試験、全国商業高等学校協会主催の全商簿記実務検定試験といった種類があります。
これから簿記の資格を取得しようと考えている方や、全く簿記検定について知識のない方はこれらの中のどの検定を受ければ良いのか分からないのではないでしょうか。

これらの種類の中で、最も権威があり規模の大きい検定が日商簿記検定となります。
そのため、一般的に「簿記資格必須」というような求人募集要項の場合、この日商簿記検定の有資格者を対象としていることが多いです。
したがって、これから簿記資格の取得を考えている方や、経理関連の仕事に就きたいという方は日商簿記検定の試験を受けると良いでしょう。

日商簿記検定には4級から1級まであり、それぞれ難易度が異なります。
4級と3級は基本的な商業簿記の知識があれば独学でも比較的合格は可能ですが、2級や1級になると工業簿記の知識も必要となりますから、独学では少々難しいかもしれません。

Read More